Blog

ワインを飲むことができますか?

2017年9月28日 ステキなレストランに食事に行ったときなど、メニューを見て食事に合うワインをサラっと注文できたらカッコイイですよね。 そこで今回のテーマはワインです。 ワインについて少し知るだけでワインを飲むことはもちろん、選ぶことも楽しくなります。 2018年12月20日 ーー ドイツワインの名門の貴族がアルコール代謝サプリの開発ですか? なんだか ーー 茂木社長、完成したスパリブを奥さまは飲んでおられますか? 茂木 ええ。家内は 私は進化していないので(笑)、たくさんワインを飲むことができます。 いることなので、人体への影響としては分解されないアセトアルデヒドによる被害、と考えることが出来ます。 ただし含まれるアセトアルデヒドの量がもともと多いワインを飲んでしまった場合には、摂取された  2019年11月11日 寒い冬におすすめなお酒「ホットワイン」を知っていますか? この記事では、そんなホットワイン ですが、先ほど紹介しように、ホットワインを飲むことで体が温まり、基礎体温をあげることができます。 また、香辛料やフルーツをなどを混ぜて作る  2016年8月5日 年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをしているときによくあるのが「ワインは飲んでいいの?」という悩み。ワインを飲むと太るって思っていませんか? でも、そんなこと 

2019年12月18日 今回は、ワインを飲むと本当に太るのか、カロリーや糖質量から検証してみることにしましょう。 ただし、お酒のエンプティカロリーは脂質や糖質のカロリーよりも先に処理されますので、この部分で考えるのなら他の食品のカロリーよりも太りにくいと考えることができるでしょう。 しかし、その代わりといってはなんですが、メジャーなワインのタイプだけは確認することができましたので、とりあえずこちらを参考にしてみて 

白ワイン(しろワイン)もしくは白葡萄酒は、麦わら色、黄緑色、または黄金色を持つワインである。任意の色の皮のブドウを用い、皮を取り除いた非着色の また、色の付いていない果汁を使うことで、有色の果皮のブドウからも白ワインを作ることができる。例えば、黒ブドウであるピノ・ 古代のブドウであるaminumから作られる甘口白ワインはグリューワインとして飲むために作られた。現在におけるマディラ ゲルマン諸国は、ライン川とドナウ川の水運の恩恵を受け、生産品を輸出することができた。カール大帝は、全地域 

2019年12月18日 今回は、ワインを飲むと本当に太るのか、カロリーや糖質量から検証してみることにしましょう。 ただし、お酒のエンプティカロリーは脂質や糖質のカロリーよりも先に処理されますので、この部分で考えるのなら他の食品のカロリーよりも太りにくいと考えることができるでしょう。 しかし、その代わりといってはなんですが、メジャーなワインのタイプだけは確認することができましたので、とりあえずこちらを参考にしてみて 

ワインの「飲みごろ」を知ることで、ワインをより一層おいしく楽しむことができます。 2019年8月25日 心臓病の進行の一因とされる炎症を沈静化する効果が期待できます。 毎晩1杯のワインを飲むと体にいい」という話は良く聞きますが、これは本当なのでしょうか。 しかしリム氏によれば、赤ワインから摂取できるポリフェノールの量は、フルーツや野菜を5〜9つ食べることで摂取できるポリフェノール量に比べ、はるかに少ないと  2019年12月20日 年末年始はクリスマスやお正月などワインを飲むシーンが多くなってきます。 普段あまりワインを飲まない方は「ワインは難しいもの」と考えがちですが、実はちょっとしたコツを知るだけでぐっと美味しく飲むことができます。 そこで今回はワインを 

2019年12月2日 寒くなると、濃い味付けのものが食べたくなったり、濃い味わいのものが飲みたくなったりしませんか? 多くの場合、品種名表記の上級ワインをつくった余りのブドウが使われるので、非常に手ごろに飲むことができます。 しかし安物とあなどる 

2019年3月25日 それに、開栓後はなるべく早めに飲まないと、酸化が進んで味が落ちちゃいます。 つまり、「消費期限」はないけれど、「賞味期限」はあるということですね。 そこで今回は、ワインを美味しく飲める「賞味期限」と正しい保存方法、そして、余った  2019年9月26日 レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。色を確認する、 正しい飲み方をするとワインの持つ奥深さをより感じることができますよ。 ワインを買うときは何を参考にしますか? 2016年10月25日 秋らしさがぐっと深まるこの季節を迎えると、なぜかフルーティなワインが恋しくなります。 さらに「家族や友人との集まりにワインを飲むことが多い」(男性60代、東京都)など、4位にも「友人など来客があったとき」(21.2%)が挙げられ、他のお  2017年8月23日 賞味期限を気にしたことはなくても、飲まずに大切に保存していたワインがいつまでおいしく飲めるのか、気になったことが を保存するときの注意点 熟成タイプのワインの場合、保存状態が良ければ数十年先でもおいしく飲むことができます。